NYMM 2018 (10th)

10th New Year Mini Meeting 2018はおかげさまで天候にも恵まれ、過去最高の463台の来場車数で、大きなトラブルもなく終了することができました。ご来場していただいた皆さん、ご協力していただいた皆さん、そして運営を手伝ってくれた多くのMini仲間、たくさんのつながりで、記念すべき第10回NYMMを成功させることができました。本当にありがとうございました。

NYMMは第1回前年の2008年に始まった関西Miniの日の集い、関西クーパーの日の集いに集まっていたMini乗りが関西では少なかったミーティングイベントを始めようということで盛り上がり、有志で実行委員会を作ってスタートしました。

NYMMは僕がこれまで参加したイベントの気になったところを排除し、いいところを凝縮した、僕が思う最高のイベントとして準備を進めてきました。パンフ・記念バッヂ、ご協賛品の準備、ビシッとそろったMini、テキヤ感のない(笑)美味しいケータリング、誰でもできるフリーマーケット、老若男女みんなが楽しめる靴飛ばしやミニライブ、そして安い参加費…(笑)

当初から「Mini乗りのMini乗りによる、Mini乗りのためのイベント」を掲げ、実行委員による手作りイベントとして始めたNYMMも、第1回目の163台からスタートして、2回目で200台越え、5回目で300台越え、7回目で400台越えと確実に参加台数を増やしてきました。前回は雨で残念ながら初めて参加台数が減りましたが、天気に恵まれた今回は過去最高463台の参加台数となりました。

考えてみたら、2000年に生産が終了したMini、年々生存台数が減ってきているのは長くMiniに乗っている人ならじわじわ感じていることだと思います。一般パーツはまだまだたくさん流通していますが、旧い質の良いパーツなどはだんだん入手が難しくなっています。そんなけっして好転はしない環境の中でも、NYMMへの参加台数は増え続け、来場しているMiniを見ても本当に大事に愛されているMiniばかりです。これは本当にすごいことですよね!!

イベントを立ち上げるのは勢いで何とかなりますが、実は継続する方が大変です。第1回目は20名近くいた実行委員も、近年は8名程度で運営しています。10年間実行委員を続けているのは1回目からずっと司会で頑張ってくれている大西くんと、実行委員長の戸田だけです。今回、節目の10年を迎えるにあたって、個人的には今回でNYMMを終了しようとも考えていましたが、これだけ多くのMini乗りに支えられてきたイベントをいきなり終了するのも無責任な気もしてきました(笑) 実行委員会にも若い力が入り頑張ってくれています。今回副実行委員長を務めてくれ、来年の実行委員長を託した加賀山くんは26歳です。ほかにも20歳代、30歳代の実行委員も頑張ってくれています。イベントを続けるためにも世代交代は必須の課題なんじゃないかと考えています。僕は今回で実行委員長をおりますが、次回からはしっかり若い人たちを支えていけたらと思っています。

NYMMは今後も続けて行きます。来年もNYMMで新年のあいさつを交わしましょう。
ありがとうございました。

NYMM 2018 staff